スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

検査忌避容疑、振興銀を捜索 切れた“中小企業の頼みの綱”(産経新聞)

 資金繰りに悩む中小企業にとって「頼みの綱」だった日本振興銀行に捜査のメスが入った。時代の寵児(ちょうじ)、木村剛氏らが「金融維新」を掲げて立ち上げた銀行が、なぜ違法行為を告発されることになったのか-。そこには中小企業に対する融資システムの限界を指摘する声もある。

 振興銀の最大の特徴は「無担保」「第三者保証不要」の融資。金融庁の顧問などを務めた木村氏らの「従来とは違ったカルチャーを持った銀行が参入することで、金融業界が活性化できれば…」との理念が下地となった。

 木村氏は、東大、日銀をへてコンサルタントとして独立。平成14年には当時の竹中平蔵金融相の金融分野緊急対応戦略プロジェクトチームのメンバーとなるなど、華々しい経歴を持つ。

 振興銀の設立は16年。大手行の不良債権処理の影響で、中小企業が貸し渋り、貸しはがしに苦しめられていた時期にあたる。振興銀が打ち出した貸出金利は大手行より高いものの商工ローンより低い、年3~15%。中小企業にとり「のどから手が出るほど欲しい当座資金」(会社経営者)の供給源となった。17年1月の社長就任会見で木村氏は「市場があることは確信できた。貸し出しのピッチも上がっている」と順調な立ち上がりを強調していた。

 しかし、既存の大手行からは「融資審査や債権回収のノウハウがない」と先行きを危ぶむ声は多く、その懸念は後に現実となった。

 長引く景気低迷に、貸出先の中小企業の経営環境は急速に悪化し、融資が焦げ付く可能性が出てきた。そのため金融庁の検査で、100億円にのぼる引き当て不足を指摘されたという。

 傾いていく経営を立て直そうと、違法性のある不透明な取引に手を突っ込んでいったことが、家宅捜索容疑となった検査忌避を行わざるをえない一因となったとみられる。同じく中小企業への融資を目的に、東京都が16年に立ち上げた「新銀行東京」も苦しい経営が続いている。

 金融問題に詳しいジャーナリストの東谷暁氏は「中小企業の情報は乏しい。貸す側は足を運んで審査すべきなのに、職員が少ない銀行はそれを怠ってしまう。中小企業の現実を知らずに貸した結果ではないか」と指摘。経済評論家の山崎元氏も「著名な評論家だった木村氏は、経営でも成功してみせなければと思うあまり、高潔な志を掲げたが、誤解を受けそうな強引な手法で業容を拡大させていった印象だ。辞任したといっても木村氏には道義的な責任があり、ありのままを説明すべきだ」と話している。

口蹄疫拡大 封じ込め失敗、落胆深く 農水省(産経新聞)
<東京メトロ>東西線一時運転見合わせ 電車から煙 葛西駅(毎日新聞)
アメリカ留学、10年で4割減 交流会議で支援訴え(産経新聞)
市役所ずさん管理、通帳に暗証…183万被害(読売新聞)
看護系37学会などが特定看護師で協議(医療介護CBニュース)
スポンサーサイト

ローソン子会社元専務ら逮捕=不正流用で115億円損害―特別背任容疑・東京地検(時事通信)

 コンビニ大手ローソンのチケット販売子会社「ローソンエンターメディア」(LEM、東京都品川区)元幹部らによる資金不正流用問題で、東京地検特捜部は1日、LEMに約115億円の損害を与えたとして、会社法違反(特別背任)容疑で、元専務山岡武史容疑者(38)と切手企画販売「プレジール」(東京都港区)前社長岩本陽二容疑者(39)ら計3人を逮捕した。特捜部は3月にローソンから告訴状の提出を受け、捜査を進めていた。今後、流用した巨額資金の流れについて全容解明を進める。
 関係者によると、山岡容疑者はこれまでの事情聴取に対し、不正流用を認めているとされる。ほかに逮捕されたのは、プレジール元社長竹原章介容疑者(37)。
 ローソンの調査などによると、山岡容疑者らは、コンサートなどの企画会社に支払うチケット代金が、2~6カ月間LEMにプールされることに着目し、一時的に投資に回して運用益を得ることを計画。2007年10月ごろ、代金の一部をプレジールを通じて支払う契約に変更した。しかし、プレジール側が投資に失敗し、企画会社への支払いが滞ったため、08年10月から10年1月までの間、必要な取締役会の決議を得ずに、LEMに肩代わりさせた疑いが持たれている。 

【関連ニュース】
新浪ローソン社長、子会社不祥事を陳謝=生鮮コンビニでの収益拡大も説明
日本モレックスで社員の不正金融取引〔BW〕
ローソン、子会社の不正流用で業績修正=連結純利益を255億円から132億円に
ローソンエンターメディアの元役員2人を告訴=チケット代金不正流用で

<横浜・弁護士殺害>凶器、刃渡り20センチ超 強い殺意?(毎日新聞)
トライアスロン 人生半ばからの挑戦(産経新聞)
<雑記帳>東尾さんらに ベスト・ファーザーin関西授賞式(毎日新聞)
菅首相が、1日でも長くトップでいるために(Business Media 誠)
生体認証システムなど見直し=法務省事業仕分け(時事通信)

宮崎頑張れ!義援金や「ふるさと納税」続々(読売新聞)

 口蹄疫被害が主力級種牛の殺処分にまで拡大する宮崎県へ、全国から支援の輪が広がっている。

 同県と社会福祉法人「宮崎県共同募金会」は今月14日、募金専用の口座を設けた。そこには20日までの1週間に、400件約9400万円の義援金が集まった。その後も、会社として5000万円、社長個人で3000万円――、といった寄付が届いているという。25日朝になっても、県の義援金受け付け窓口には「どうやったら寄付できるか」との問い合わせが続いている。

 また、県外在住者からの「ふるさと納税」も急増している。納税者が税金の使い道を指定して申し込むことができる制度で、口蹄疫被害が大きく報道されるようになった5月上旬以降、24日までに約3400人が納税を申し込み、昨年度1年間の約6・7倍にあたる計約2670万円が納められたという。

「オー・エム・シー」など捜索…出資法違反容疑(読売新聞)
小沢氏、会期延長せず「正面突破作戦」(産経新聞)
同居男、傷害容疑で逮捕=竹林の女性変死体―愛知県警(時事通信)
<ダイヤ鑑定かさ上げ>全宝協が業界団体を退会(毎日新聞)
首相、訓練区域や防空識別圏返還に全力(産経新聞)

大粒、岐阜の特産米「龍の瞳」ヒルズで田植え(読売新聞)

 岐阜県下呂市の特産米「龍の瞳」をPRしようと、東京都港区の六本木ヒルズの屋上庭園にある水田(約130平方メートル)で15日、田植えが行われ、“ヒルズ族”の親子ら約130人が参加した。

 「龍の瞳」は10年前、コシヒカリの水田で偶然発見された品種で、粒がコシヒカリの約1・5倍と大きいのが特徴。国土交通省観光庁の溝畑宏長官や古田肇・岐阜県知事、野村誠・下呂市長らも田植えに参加した。

<ブロッキング>プロバイダーなど4社 自主的に実施を表明(毎日新聞)
キセル乗車問題で新たに14人不正 相模鉄道(産経新聞)
宮崎県新富町でも口蹄疫感染疑いの牛(読売新聞)
橋下知事 普天間問題で「要請あれば、関西で受け入れ検討」(産経新聞)
出会い系、「婚活」女性もトラブル続出(読売新聞)

<事業仕分け>新人議員が「調査員」(毎日新聞)

 民主党の地域主権・規制改革研究会(玄葉光一郎会長)は12日、公益法人を対象とした「事業仕分け第2弾」の事前調査を担当する衆参両院の新人議員の「仕分け調査員」を集め、対象候補に挙がっている13法人についてさらに調査を進めることを決めた。枝野幸男行政刷新担当相らへの報告会を17日に開き、正式な仕分け対象にするか判断する。対象は浄化槽設備士センターや司法協会などで、資格講習事業の必要性や官僚OBの天下りなどが問題視された。

【関連ニュース】
鳩山政権:実績アピール必死 仕分けにマニフェスト…
事業仕分け:後半は5月20日から4日間
事業仕分け:独法、消極的な改革姿勢 結果の実施力焦点に
事業仕分け:合計で34事業を廃止と判定 第2弾前半終了
事業仕分け:「甘い」「議論かみ合った」…感想さまざま

日本創新党の基本政策 集団的自衛権行使を容認(産経新聞)
<井上ひさし>「化粧」が幕 渡辺美佐子さん648回演じる(毎日新聞)
核廃絶交渉へ手応え=共産委員長、訪米の成果強調(時事通信)
ニューハーフ不正結婚、フィリピン人女に逮捕状(読売新聞)
鳩山首相、ぶら下がり短縮「この程度が望ましい」(産経新聞)
プロフィール

ミスターまさあきひの

Author:ミスターまさあきひの
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。